• 10<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>12
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朝から薔薇の手入れをしてました(朝5:30)
家は鉢植えなので、結構手間がかかります。
チョットでもお水が不足すると元気がなくなったりした時もありました。
フロリバンダ系は今一番花が終わった所でハイブリットティーはこれからのはずがボチボチ咲きはじめています。
今はミニ薔薇が頑張っているところです。

CIMG4643.jpg

この子達は以前スーパーで投売りされていた子達・・・小さい鉢に二株あったのでピンクと白を寄せ植えしてしまいました。
正直育つのか不安でしたよ・・・。
買ったばかりの頃は本当に枯れかけてて・・・(><)
よくもここまで回復したなーと・・・。意外と死にかけを育ててみるのが好きだったりして・・。
百円で買ったと言う実家のミニ薔薇のプリンセス・ダイアナも時間かけてメンテに成功しましたし。
まあ、単に薔薇には家は良い気候なだけかもしれませんが(爆)

CIMG4640.jpg

この子は引越しの記念に去年の大体今頃、購入した子。
ミニ薔薇なのに、これがまた花が大きいのですよ。
正直、名前はわかりません(><)
私が白い薔薇が好きなので、引っ越してきてからの薔薇第一号です(笑)
この子と一緒に買った紅い子もとても元気ですが、先週満開でしたので今は蕾のみ。
まあ、この夏を家の薔薇は全員乗り越えたのでどんな状況でも大丈夫かもしれません。

CIMG4648.jpg

この蕾の子もまた別の子なんですが・・去年の10月頃来た子です。
春ごろの写真は緑っぽい白なんですが、秋頃になると少し芯がセピア色~薄いピンクに色づいてきます。
確か、春の写真はこのカテのどこかにあるかもしれませんが。
はやり、白薔薇なんですね~。白好きなんです(^^;)

CIMG4638.jpg

そして、繰り返し咲きになりつつある家のハイブリットティーのプスタ。
この子はミニ薔薇ではありませんが、一緒になって頑張っています。
家の大輪~中輪の子は何だか四季咲きなのに繰り返し咲きになってます。
おかしいなぁ・・・。
かなり頑張って蕾を採るのに励んだ夏(爆)
必ず一個は咲いてしまっていたし・・・。まあ、いいか・・・。

そして、薔薇ではないのですが月下美人がそろそろ咲きそうなのに咲かない。
夜に咲く花だから絶対に見逃さないようにしないと!!
月下美人はサボテンの花ですが、月の下でこそ美しく咲く白い濃厚な香りのする花です。
実家のはいつのまにか咲いてしまったといってますが、家は・・・写真とりたい(苦笑)
早くみたいです(*´▽`*)

スポンサーサイト
テーマ:バラが好き!
ジャンル:趣味・実用
録画みました。

今回のは・・・うーん。アサギの声がちょっと太い声だったのが少し気になりましたね~。
話的にはほぼギャグ(笑)
露神様の話や、水底の燕でじんわりした私には少し物足りなさがあったかなぁ。
それとも前回の名取さんが濃ゆくて(爆)濃くて・・・・(謎)

原作は結構好きな話だったのに、ちょっと残念(.><)

そして、実家の父が夜中毎週見ているそうな・・・。
家の父はアニメスキーだから(-0-;)
夜中におとーさんたら、アニメばっかりみて!!(怒)
と・・母が私のオペの付き添いで行ったときに話してたなぁ(爆)
流石、我が父だな・・・と思いましたとも・・・。
とうとうキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!(爆)
名取さんの回!!
ここまで、彰さんのおかげで名取さんがパワーアップするとは・・・・(笑)
そして、注目するところは名取の登場もそうなんですが、ニャンコ先生の犬に向かってのムフンと、名取に対しての失礼なのはお前だ・・・私のモノに気安く話しかけるな。にゃーんとか・・・かなり笑いが出たところ。
本来ならば、名取と柊の登場なのに何故か目立つニャンコ先生。
話的にはとても妖怪と人間について夏目と名取の考え方の違いとかがわかる話だったのだけど、彰さんがやる名取といつもにまして楽しいニャンコ先生に話が食われてしまってました(爆)
濃い・・・・
濃すぎる・・・・
井上氏のニャーンとムフンはアドリブなのだろうか・・・・
この方アドリブでもかなり有名だからのう(笑)
いつにも増して懐かしい声優さんも出ていましたねぇ
本多智恵子さんだなんて!!笹後の声でしたが・・・・。

いつもとは違う夏目友人帳でしたが、原作連載の方はもう名取さん関係の話に突入してますし、的場さんも登場してます。
これから色々楽しみなお話です。
そして、気になるのは6巻での人間の子供に化けた水の神?うーん妖のカイ君のお話・・・・。
夏目の誤解が解けるとよいなぁ・・・・続編とかないかなぁ。
原作でもとても切ないこのお話・・・今日が出勤でなくてよかった(爆)
録画を今朝みて、涙腺が崩壊しました^^;)
そして、ブログを書くのも一週間ぶりだという事に気付きました。

妖が以前見えた男の人と、蛍の妖の切ないお話・・・。きっと人間の方は今のいままで蛍が好きで忘れられなかったのだとおもう。
あまり、現実的なお話ではないけれど妖と人間の恋・・・昔話みたいなお話でした。
住む世界も違うし、ある時期をすぎるとそういったモノノケの類が見えなくなる人もいるみたいなので(謎)その中での恋心って淡く切ないものなんですね・・・っと妖怪と恋愛をしたことはない(当たり前)の私がつぶやいてみる(爆)
でも少なくとも、幼い頃とかって奇妙な幻覚のようなものを見たり経験したりしたことはあるしソレが事実か妄想かは分からないけど、そういった類のものはあった気がします。
でも、大人になるとそういう経験って徐々に減るもの・・・それが今回のお話のように妖怪との恋だったら切ないですね。
そして、今現在妖怪が見える夏目も・・・何れ訪れるにゃんこ先生との別れを悲しいとか、淋しいとか感じたのかな?
きっとお互い別れるときも来る。
その時はやはり淋しいと思ってしまうよね(TT)
うん。
このお話の自然が豊かな土地・・だからモノノケの類だとしても・・・心も豊かだからこそ、人は妖怪や妖精などの類を信じていけるのかな~とか思ったり。
懐かしい風景の中のこの夏目友人帳というお話は色々な思いでも沢山思い出させてくれる優しい話です。
子狐の時の話でも、改札に入るとき、切符切りの駅員さんがいて・・・・それだけで昔、駅員さんがチョンチョンチョン!と切符を切る音が聞こえて手渡しで切っていた時代を思い出しましたし・・・。
今の子供は知らないだろうなって・・・少し人との関わりが少なくなりすぎちゃったのかな?っと少し複雑な気分になったり。
そういう、優しさと触れ合うことが少なくなっているからこそ、この作品がとても好きになったのだとおもいます。

ここから先はつぶやきです。
録画みました(*^0^*)そしてログインできました(爆)
原作を読んでるのですが、今回のアニメでは出会いの時のお話と、会いに行くお話が一緒になったストーリーでしたね。
そして、優しさを感じます。
大人の妖怪達に虐められている親なし子狐を夏目少年が助けることから始まり子狐は夏目に憧れるようになり夏目のいる街へ会いに行ってしまうというお話。
子狐が可愛かった(*´▽`*)
ある妖怪が子狐に「会いたいなら、会いにいけばいいだろう」
と言った言葉・・・今一歩の所で踏みとどまっている自分に重ねてしまった( ; 0 ; )
そう・・・恐いと考えていたら前へ進めないのだと。
だったら会いに行ってみたらどうだと・・・まぁ(爆)私の場合は会うというよりも行動するって所でしょうか。ソレが仕事でも今掛かっている外科系の病気でも(笑)
そして、最後に夏目が子狐を森に送っていくときの言葉・・・。
「恐くて、どうにかしようなんて思わなかったんだ・・・。だからいっぱい、いろんなことに気付けなかったのかもしれない」
・・・・・。
行動を起こすのが恐ろしくて、前へ踏み出せないから色々な優しさに気付けない。
なーんて(爆)真面目なことを考えてしまったのでした^^;)
私ももう少し色々と向き合ってみようと。
まあ、オタクってすくなくとも自分の殻に閉じこもりがちだし(爆)(しかし、真面目に働いているんだわ)

OPの曲の歌詞にもあるじゃないか!!(爆)

すぐじゃ無理と思うのなら少しずつでいい

少しずつでいいのだと思う。
なんて優しい話なんだ・・・(TT)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。